トップ相続時は不動産が有利

相続時は不動産が有利

相続税を計算する場合、多くの特例があります。通常であれば相続税が発生するところ、これらの特例を活用することで、相続税が発生しなくなることも多々あります。
相続税を計算する基準になるのは、相続財産の評価額です。購入価格や時価でないところがポイントです。
この評価額を下げることができれば、相続税も少なくなるのです。
評価を下げる方法として、不動産を活用するケースがとても多いです。
もし、現金を1億円持っていた場合、現金であれば、相続財産としての評価額は1億円です。
これが、現金ではなく、自宅不動産の場合、購入価格が1億円だとしても、相続発生時の評価額で計算されます。また、自宅の場合には、特例が適用されるため、240平方メートルまでは80%の評価減、つまり20%で評価されます。大体の場合、不動産は購入時よりも時価(路線価)は低くなっています。さらに、その価格の20%なので、現在の時価が7000万円であったとすると、相続財産としての評価は1400万円ということになります。
不動産が相続の際に活用される理由としては、評価額を下げられること。(実際の売買価格とは異なります。)また、不動産としての価値はしっかり残るため、将来売却した場合には、売却した価格で換金できるためです。

Copyright(C)2013 相続時の手続きと円滑化 All Rights Reserved.